横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > 主な症状の原因と施術法 - 五十肩

主な症状の原因と施術法 - 五十肩

なぜ、背骨が五十肩と関係しているのか?これがわかれば五十肩は著しく改善されます。

五十肩とは

五十肩とは40歳代以後によく発生し、肩関節(肩甲上腕部)の痛みと運動障害を引き起こす病気です。

五十肩イメージ

診断がはっきりわかる肩関節の病気(例えば腱板〈けんばん〉の断裂など)を除く1つで、凍結肩とほぼ同じ病気です。

中高年で肩関節痛を訴えて利用するお客さまの中で最も多くみられます。
男女差はほぼなく、50歳代を中心に、60歳代、40歳代の年齢の人に多く発生します。

病気の原因ははっきりしませんが、何らかの原因で肩関節を上にあげる時に肩峰下滑液包(けんぽうかかつえきほう)や腱板などの動きが障害されると骨頭の動きが制限されて痛みを生じ、関節包の縮小を起こすことが肩関節(肩甲上腕部)の痛みと運動障害の病態と考えられています。

症状

明らかな原因がなく、突然の肩関節の痛みを引き起こします。
安静にしていても痛みは強く、夜間に激しいのが特徴です。その痛みは腕に放散します。

日常生活上、動かすと必ず痛みます。そのため、肩関節の動きはかなり制限されます。あらゆる方向で制限されますが、また肩を他動的に過度に動かそうとすると痛みがひどくなります。

烏口突起(うこうとっき)部、結節間溝部、肩関節の後外側(こうがいそく)部を押すと痛いことが多く、慢性期になると筋力の低下が起こります。

そしてお客さまを後からカウンセリングすると、患側の肩甲骨の動きが健側に比べ早く外側に動いてしまうことが起きます。

症状診断のポイント

運動制限と痛み

  • 腕を内側に回す時
  • 腕を外側に回す時
  • 腕を外に上げる時
  • 肩を上にあげようとする時
  • 髪をとかしたり(結髪位)
  • シャツの着脱
  • 帯を結んだりした時(結帯位)

このような時に痛みがあるのであれば一度ご相談ください。五十肩と呼ばれる症状の可能性が高いといえます。

鶴見院、田中輝明の見解

五十肩は、なぜなるのか? 生きてる証拠といえばそれまでですが、人間は、常に外的ストレス、内的ストレスによって生きています。
その状態を保とうと、恒常性、ホメオスターシスが働いています。免疫力もその内の一つです。

外的ストレスの典型が、体にダイレクトに外力が加わるのが、転倒、スポーツ、交通事故、継続的事務仕事、パソコン作業、手を上げ続ける作業、悪い姿勢、エアコン取り付け作業、庭木の手入れ、楽器演奏、縫い物、細かい手作業、等です。
又、内的要因として、咳や、くしゃみをしても、同様です。
人間に外力が加わると、人間は内的に症状を出して、自分本人に言い聞かせます。

「今、外力が加わって損傷したので、その部分を休んで改善しなさいと」。又、背骨も外力のリアクションで、頚椎一番、胸椎、腰椎、骨盤が、ゆがみます。中には時間が経過した後に症状が出てくる事もあります。

田中輝明の見解イメージ

継続的な小さい物理的ストレス(力)でも、背骨はゆがみます。立ちっぱなし・座りっぱなし・悪い姿勢等、これらはすべて背骨に、負担をかけ続ける動作であり、仕事や日常的に行う動作である場合は、常に何もしなければ背骨をゆがませ続けていることになります。
なぜ背骨がゆがむと五十肩になるのか?首の骨は,小さくて、脊椎の上部に、七つ、あります、しかも、一番上には、重さ約10kgの、頭が乗っていますから、その王様の頭部を支える為に、兵隊の頚部がゆがんでしまいます。
五十肩の三つの痛みの誘発動作、即ち、①つり革に、手が挙がらず、つり革を、握れない。②帯を後ろで、結べない。③自分の髪の毛をとかせない。等は、肩を、これ以上、使うなという、警笛です。

五十肩施術の流れ

  • カウンセリング
  • 整形外科的検査
  • 姿勢検査
  • 実際に触れて診断
  • 体全体のサーモグラフィー撮影をとり、患部が、急性か慢性かを見極め
  • レントゲン分析を行います。レントゲンフィルムに、線を引き、正常から、どれ位、ズレているか、判断
  • タイトロンC-3000で、脊椎だけの、皮膚温度を測定
  • Y-P式スパイナルアジャスターで、脊椎一つ一つの動きを診断
  • トムソンテーブルで、足の長さのチェック
  • サイドポスチャーテーブルで、頚椎一番の矯正
  • 又、トムソンテーブルで、仙骨の矯正
  • ニーチェストテーブルで、胸椎の矯正
  • サービカルチェアーにて、頚椎の矯正
  • サービカルチェアーにて、五十肩の矯正
  • 最後に、検査
  • マッサージ
  • 必要に応じて、パラフィン、マイクロ、ホットバック、SSP、ローラーベット、WA他
  • 足湯20分(悪性の腫瘍にも負けない体を作る為)

お客さまの声

「思い切って行ってみて本当に良かったです!」

山本 久男様 52歳 男性 横浜市鶴見区

男性イメージ

私は、体を使う現場作業の仕事です。長年体を使っているせいか、あちこちにぼろが出始めています。

特に五十肩です。半年前から徐々に痛みが増して、先月半ば位からは、左肩から腕にかけて痛くなり夜眠れない程でした。夜、横になると痛みが増し、左側に寝返りすると、とても痛くて目が覚めます。毎晩寝不足ぎみでした。
痛い痛いと言っては、毎日起きていました。

しかし、施術にいったその日から、夜横になり、少し左を向いても痛くありませんでした。たった一日の施術で朝痛い痛いと言わずに起きれたのです。

また、夜横になってからの痛みがなく、左側に寝返りできる事の嬉しさ、そして朝までぐっすり眠れるようになったのです。また疲労時には特に痛んでいましたが、それもなくなりました。

新聞を読んで思い切って行ってみて本当に良かったです。大変、ありがとうございました。毎日通わせていただきます。他に、血糖値が高い症状もあったのですが、院長先生が真剣に聞いてくださり、すごくうれしかったです。また、それだけで、ほっとしたのか、施術したら、精神的にも楽になることが出来ました。

※施術効果には個人差があります。

お問い合わせ・ご予約は下記までどうぞ!


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る