横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 変形膝関節の症状

変形膝関節の症状

日本では、変形膝関節の症状にかかっているお客様は、

日本人の12~20パーセント位います。また今後は、

高齢化に伴い、お客様の数は、増えると予想されます。

また、変形膝関節の症状は、日常生活上、不自由をきたします。

変形膝関節の症状とは、関節の老化現象により、

関節の軟骨の変異を生じます。

中高年(50歳以上)の肥満の女性が多い。西洋医学では、原因

については、今のところ、はっきりとは解明されていません。

しかし、カイロプラクティックでは、腰椎の回転変位、並びに、

骨盤の狂いから来ていると断言しております。症状については、

痛みを主として利用されることが多く、最初の頃は立ち上がり、

歩行、階段昇降の際の開始時痛を訴えることがほとんどですが、

症状が進行してきますと、安静時にも痛かったり持続性の痛みに

なったりし、痛みの程度も耐え難いほどになってきます。他に、

膝が直すぐに伸びない、正座ができないなどの可動域制限を

訴えられる症例もあります。変形性膝関節症のお客様を

カウンセリングしますと、まず目につくのがほとんどの方が

O脚(膝の内反変形)になっていることです。この変形は、

内側の関節軟骨が摩耗するために発生し、一旦この変形が

起こりますと、体重負担はより内側に偏って受けることにになり、

さらに内側の軟骨の破壊が進むとい悪循環を形成します。

その他に、膝に水がたまる(関節水腫)という所見もみられます。

施術法は、膝関節への負担を軽減させるために脊椎全体を

整えてまいります。骨盤を正常にし、腰椎の狂いを直し、

胸椎部の変位を直し、最後に、頚椎部の矯正を行います。また、

人により、体重の減少や生活様式の改善、温熱療法や

大腿四頭筋を中心とする筋力強化をおすすめ致します。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る