横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 顔面神経の麻痺

顔面神経の麻痺

a.しばしば、上位頚椎サブラクセーションから生じる。症状が明らかに

なってから早ければ早いほど、お客様を助けられるチャンスが増す。

b.典型的に、お客様の顔の一方が垂れ下がり、上下の眼瞼が口角ととも

に下がる。お客様の目の下眼瞼が容易に閉じるようであれば、効果的に

症状を改善できる可能性がある。口角下垂は回復に時間を要するが、

目の症状が回復すれば、最終的に口も反応するはずである。

c.最後に、症状が回復し始めれば、お客様をそっとしておきなさい。

十分な時間をお客様に与え、時間の間隔を空けてアジャストメントする。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る