横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 膀胱の感染

膀胱の感染

a.サブラクセーションがT12から骨盤のレベルでみつかれば、

通常回復が見込める。

b.サブラクセーションが仙骨、骨盤のレベルで見出され、よい矯正が

なされれば、アジャストメントに引き続きしばしば症状が悪化すると

いうことをお客様に説明しなければならない。

恥骨上部の痛みの増加、発熱、発汗、

そして目のかすみがみられるであろう。これらの症状は通常24時間

以内になくなり、お客様は著しく回復する。

c.T4-T6は発熱レベル(カイロプラクテイック用語で、発熱症状と

関与が高いと考えられるレベル)であり、膀肌の障害のときもこの部位

のサブラクセーションを注意深く探す。

d.無糖のクランベリージュースは、バクテリアが膀洸壁につくのを

防ぎ、膀脱をきれいにする。お客様は少なくとも3日間は毎日250mlを、

食前1時間前か食後2時間の空腹の状態で、無糖の

クランベリージュースを飲むべきである。

e.慢性の膀脱感染のあるお客様は、頻繁に排尿をする。

このようなお客様には、なるべく膀脱が尿で一杯になるように努めさせる。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る