横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 腫瘍

腫瘍

a.腫瘍を撃退する方法はみつからないであろう。

腫瘍の予防は、人間の内なる部分、良好な機能を有し、

サブラクセーションのない神経系、規則的な運動、休養、

そして適切で健康的な食事に由来する。

しかしながら、これらの条件が整っても、腫瘍は成長しうる。

1つには遺伝的な問題が考えられる。5%以下の腫瘍が

遺伝的要因によるものであることは考慮に値する。

過去の家族歴に基づく個人の生活習慣や思考癖は、何よりも重要な要素である。

b.腫瘍のお客様に対するカイロプラクティックの主な効果は、疼痛を和らげる

ことである。明らかにね脊椎ね骨の癌では、アジャストメントは

難しい。しかし、お客様がアジャストメントを受け入れれば、多少の

疼痛軽減でも、お客様には非常に大きな恩恵である。

c.スコープする際や実際に触っての診断の際に、お客様が異常に

痛みを訴える場合は、腫瘍を疑う。

また、両側性の疼痛、例えば、両側性坐骨神経の痛み

を有する場合も腫瘍を疑う。お客様が良質のアジャストメント、

サブラクセーションの除去に対し、3回から5回の施術において反応

しない場合、これも腫瘍などを疑う。カウンセリング、検査の際に、

家族歴、年齢、疼痛の場所、種類を考慮する(腫瘍のお客様では、

しばしば進行に従い灰色の皮膚色をみる)。

98


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る