横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 血糖値が高い症状

血糖値が高い症状

a. 交感神経は内分泌腺の機能を尤進させ、副交感神経はその機能を抑

制する。それゆえ、血糖値が高い症状のお客様患者では、最初に

上位頚椎をアジャストメントすることを避けなければならない。

なぜなら、 これは膵臓の機能をさらに抑制するからである。

b.晩年に発症する血糖値が高い症状は、

遺伝的素因によるものかもしれない。

その場合、カイロプラクテイックでは大きな効果は見込めない。症状が、

10代、20代、または30代に始まる場合、それは脊椎への外傷に

よるものである可能性があり、この場合はT6からT12を

注意深くみるべきである。

c.回旋型のリステイングの場合、横突起コンタクトでアジャストメント

した後、すぐに反対側から棘突起コンタクトでアジヤストメントをする

ことで、好結果が見込める。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る