横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 消化器の問題

消化器の問題

a.食後すぐの胃の痛み:交感神経の問題。

中位胸椎がサブラクセーションし、消化液が欠乏している。

b.食事に関係しない胃の痛み:副交感神経の問題。

たいていは、副交感神経のサブラクセーションに

よる消化液の過剰による。副交感神経サブラクセーションは、

胃酸過多による潰瘍を形成する。

c.食後にすぐ軽快する胃の痛み:おそらく胃潰瘍で、上位頚椎の

アジャストメントに最も反応する。

d.潰瘍:一般的に、まず、T5からT9に注意を払い、交感神経系の

サブラクセーションを探すことから始める。もし、交感神経系を

アジャストメントしても反応が得られないときは、冨J交感神経に

切り替える。春、秋に悪化する。調理した野菜はよいが、フルーツは、

悪化させる。

e.手L児が食事をとった後すぐに胃内容を吐き出す場合、括約筋の

低下を引き起こす副交感神経サブラクセーションによる。

f.裂孔の重度の痛み:機械性のものでなければ、中位胸椎をみる。

g.回盲弁の問題:副交感神経は弁をコントロールするが、上位腰椎

もまた弁に影響する。

h。大腸の問題:Llから仙骨、骨盤をみる。

i 下痢:まず、副交感神経からアジャストメントを始める。

j.便の詰まり:まず、LlからL3を中心とした交感神経からアジャストメントを

始めるが、下位腰椎も便便の詰まりを改善する。をアジャストメントする。

l 腸炎と憩室炎:便秘と下痢を繰り返す停滞した腸には、交感神経

(T6からL3)のアジヤストメントを行い、多量の粘液と下痢を伴う場合は、

副交感神経をアジャストメントする。まず、交感神経ではじめ、

反応をみてから副交感神経を行う。

m.痔核:たいていは、L4からL5のサブラクセーションの除去により

反応するが、ときに仙骨、骨盤のサブラクセーションにもよる。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る