横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 眼の問題

眼の問題

a.上位頚椎のサブラクセーションが最も考えられるが、後頭骨から

C7のサブラクセーションは眼に大いに影響する。

b.眼圧の高いお客様は、頚椎のサブラクセーションを除去する

ことにより改善しうる。下位頚椎も上位頚椎同様、重要である。

c.甲状腺に影響する下位頚椎、上位胸椎の

サブラクセーション、副腎に影響する下位胸椎、上位腰椎の

サブラクセーションによる長期にわたる化学的異常が、これを起こしうる。

白内障の手術を受けたお客様には、特に頚椎では、少なくとも6週間

から8週間はアジャストメントするのを待つべきである。

d.斜視:たいていは、上位頚椎の問題である。

手術を受けたお客様へのアジャストメントは、

手術結果を悪化させることがある。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る