横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 頭痛と片頭痛

頭痛と片頭痛

a.頭痛と片頭痛はカイロプラクティッククリニックでよくみられる

訴えであり、お客様の約10%を占める。頭痛と片頭痛には多くの

原因があるが、投薬以外に解決策をもつヘルスケア職は少ない。

よいニュースであるが、頭痛、片頭痛は、90% の場合、

カイロプラクテイックアジヤストメントによく反応し、その頻度と程度を

減じさせる。

b.お客様は、頭痛に診断名をつけたがるがその必要はない。

ただ、サブラクセーションを正すのみである。

c.通常、頭痛の原因は1カ所である。

d.生理と関連する場合は、腰椎から始める。

e.拍動性の頭痛は、通常、血管性で大抵は上位頚椎である。

f.常連のお客様で、非常な頭痛をみる場合、過去に功を奏した箇所を

アジャストメントし、同日、または6時間後に再度チェックする。もし、

効果がなければ、腫瘍、出血を疑い精査に送る。

g。中毒性の頭痛は、通常、24時間から36時間続く。この場合、

排泄システムである大腸に注意を払う。

h.交感神経系で始めるのが最善である。片頭痛はいつも化学的問題に

関連しており、下位胸椎から上位3腰椎と、C6からT3のレベルを

注意深く精査する。頭痛はあらゆる原因によって起こり得ることを常に

頭におき、結果が得られない場合は、後頭骨から尾骨まですべてを

調べる。多くの場合、仙腸関節が頭痛の原因となる。

i 一般的に、頭痛が頭の前方、日のあたり、側頭部にみられれば、

C5から後頭骨を含む上位頚椎を調べる。頭痛が、後頭部であれば、

C6からT3のサブラクセーションに注意する。頭痛が排卵、生理と

関連する場合、サブラクセーションは上位腰椎によくみつかる。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る