横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 高血糖の問題

高血糖の問題

a.ほとんどの場合、中位胸椎である。

b.家族歴のない晩期発生の血糖値が高い症状では、

重要なサブラクセーションが頚椎にみつかれば、

頚椎のアジヤストメントは功を奏する。

c.重要なサブラクセーションが頚椎もしくは胸椎にみられる場合、

通常のお客様は、第1回目のアジャストメント後に劇的な血糖の変化

を経験する。それに従い、インシュリンの必要量は減る。

d.回旋型側弯における中位胸椎をアジャストメントする場合、まず、

横突起で行い、次に反対側から逆のトークで棘突起にアジャスト

メントを行う。これにより、よい深いアジャストメントが可能となる。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る