横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 膝の痛み

膝の痛み

a.他の四肢と同様、脊椎のサブラクセーションから生じる神経の問題

をまず最初に考える。

b.腸骨のサブラクセーションは大腿骨を回旋させ、膝の問題を

生じさせる。膝の問題がある場合は、脊椎のT11からL2のレベルに

注意する。40%の膝の問題、特に内側の問題はT12またはLlの

サブラクセーションにあります。

c.足、偏平足、ブニオンなどは、膝にとっての不安定な土台を形成し

、膝に問題を与える。肥満は、足、足首の問題と同様に、内側膝の

問題を生じる。

d.膝に大腿骨AINと脛骨PEXがある場合、ます、最初に痛みの

ない方から始める。もし痛みが膝全体にあり、内側、外側に等しく痛みが

あれば、まず大腿骨、そして脛骨をアジャストメントする。

e。どんなにレントゲン写真で膝が悪くても、症状のない膝は決して

アジャストメントしてはならない。そして、膝にアジャストメントし過ぎたり、

アジャストメントが強すぎることがないようにする。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る