横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 生理の問題

生理の問題

a。生理痛と不規則な生理は、 2つの異なる状態である。

1)生理痛は、典型的には、L4、L5、仙骨そして腸骨のレベルの

サブラクセーションの結果である。

2)不規則な生理は、しばしば、Ll、L2、そしてL3のレベルの

サブラクセーションの結果である。

b.生理痛は、不規則性の生理よりもずっと改善しやすい。もし、

両方の問題がある場合、まず痛みをとり、次に不規則性を改善する。

c.主に交感神経系の問題:無月経、少量の出血、卵巣のう胞、

腔の感染、子宮の感染、子宮内膜の症状、閉経後の症状

(上位頚椎もみる)、月経前の頭痛、偏頭痛、そして出産不全である。

d.主に副交感神経系の問題:頻回の生理、長すぎる生理、多量の

分泌物、のぼせ、出産不全や出産に伴う多量の出血、そして妊娠不全。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る