横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 前立腺の障害

前立腺の障害

a. T12からL4、特にL2からL3領域に注意を払う。

b.前立腺の症状、兆候と同時に両側の坐骨神経の痛みを

持つ場合、前立腺の腫瘍を疑う。しかしながら、強度の前立腺

腫脹も両側の坐骨神経の痛みを起こしうる。

c.アジャストメントに引き続き、お客様が高熱を発するかも

しれないが、これはよい兆候で数日以内に回復する。

お客様は、水分摂取を増やし、白糖、白色小麦粉、カフェイン、

ニコチン、そしてアルコールを避けるようにする。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る