横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 副鼻腔の不調と咽頭の痛み

副鼻腔の不調と咽頭の痛み

a.サブラクセーションは、通常、後頭骨からT5のレベルである。

上位胸椎は、特にお客様に肺の症状がある場合は副鼻腔に強い影響

を与える。

b.持続する咳:TlからT3。

c.副鼻腔の閉塞:通常、C6からT3。

d.粘液性の副鼻腔:典型的には、後頭骨からC5。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る