横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 脊椎圧迫による骨折

脊椎圧迫による骨折

脊椎圧迫による骨折は、カイロプラクティック施術の最適応

であり、独断場です。

受傷後1週間以内のものは、最もよい結果が得られます。

その骨折がたとえ骨に小さな穴が多発する症状のもので

あっても、整形外科医、柔道整復師によって行われる固定、

安静よりずっと優れた結果が得られます。

急性の圧迫による骨折では、レントゲン写真によって通常、

骨折した椎骨の後方移動がみられます。施術は、その椎体の

棘突起に接触し、非常に軽い矯正を加えます、それによりお客様は

少し痛みを感じます。、施術後はお客様さんは、腹臥位(うつ伏

せ)に寝てもらいます、そして、約 5 kgの重りを骨折部位におき、

良好な状態を保持するようにつとめます。最低1時間はこの状態

を保ちます。受傷後、15日から20日間は、この状態をできるだけ

とらせるようにし、この間に定期的に矯正を行います。圧迫による骨折が

椎体の上縁のみにみられるときは、骨折した椎体と、、その1つ上の

椎体も矯正が必要となります。また、圧迫による骨折が椎体の下縁の

みにみられるときは、骨折した椎体に加え、その1つ下の椎体も矯正が

必要が必要になります。骨折後、何年も経つ古いものでは、

骨折した椎体の1つ下の椎骨を矯正致します。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る