横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 滑液包の痛み

滑液包の痛み

滑液包の痛みによくみられる脊椎の変位部分は、

頚椎五番から胸椎十一番、そして骨盤です。

仙腸関節の関節の狂いは、身体の化学状態を変化させ、

肩の痛みをしばしば起こします。又、肩関節の滑液胞は

潤滑用パッドであり、その潤滑性を減じる神経障害を受けやすいのです。

体を不自然な姿勢で寝たりすると、滑液胞から液体が出てしまい、

その潤滑の役割を果たせなくします。滑液胞の化学的な問題は、

また食事とも関連しています。一般的に、施術として、

数週間は肉、白砂糖を絶たせ、もし高尿酸であれば、

痛風の施術も併せて行います。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る