横浜市 整体 田中治療室 鶴見院 HOME > スタッフブログ > スタッフブログ > 若年性の膝の痛み

若年性の膝の痛み

若年性の膝の痛みのお客様に対して、鶴見院では、毎日、

数日間矯正をします。それから、初検日から、

三週間後に、再点検いたします。そこで、必要なら、また、

毎日、八~十日間続けて施術いたします。

施術としては、脛骨粗面を前方から、後方に矯正します。

また、テーピングも使用します。二~三週間、お客様に膝を

曲げさせないようにし、三~六週間は、無理をしてはいけません。

少なくとも、六週間は、自転車、スクワット、ランニングなどの

スポーツはしないことです。はじめのうちの日常生活は、

ゆっくり歩き、しだいに、早く歩くあるくようにします。

走れるようになるには、施術後三週間ほどかかるかもしれません。

この症状の子供さんには、ビタミンとミネラル、とくにカルシウム

とビタミンB6を摂取するように鶴見院では、勧めています。

この症状の子供たちには、骨盤の狂いと、上部腰椎に多く、

狂いがみられます。骨の脱無機質化は、ストレス、外傷、

運動不足等で起こります。


田中治療室グループ

○住所:横浜市鶴見区鶴見中央4-1-2
○アクセス:京急鶴見駅から徒歩1分

電話:045-503-0987

FAX:03-XXXX-XXXX

インターネット限定割引

アクセスマップ

メールでのお問い合わせ



ページ上部へ戻る